《子供の歯磨きに関する質問》


                      

Q 1

子供の歯磨きはどのような磨き方で、一日何回位磨いたらいいでしょうか?

A

3歳までに食後の歯磨きの習慣付けをしてあげて下さい。子供本人にまず磨いてもらいます。その後、すこしずつ仕上げ磨きをしてあげてください。

歯ブラシの使い方は、歯に対して直角にあて一歯分位のストロークで横に動かす。一番奥の歯から一歯ずつ510回程度を目安にしてください。本来なら毎食後に磨いてあげるのが理想的ですが、一日1回だとしても夜寝る前は時間をかけてきれいに磨いてあげましょう。

Q 2

歯磨きを嫌がって10秒ぐらいしかやらせてもらえません

上手な磨き方はありますか?

A

まずは嫌がっている原因を見極める事が大切です。遊びの延長の様に話し掛けたり、歌ったり楽しく磨ける雰囲気作りをしてあげましょう。なかには痛い思いをさせたりして仕上げ磨きのやり方に改善が必要な場合もあります。歯磨きの圧力が強くないか、唇を強く引っ張りすぎていないかなどもう一度確認してみてください。

Q 3

どんな歯ブラシがよいですか? 歯磨剤は使った方が良いですか?

A

歯ブラシは柄がストレートで毛先が小さく、腰のあるものが良いでしょう。毛先の大きさの目安は子供の指の幅一本半程度です。歯磨剤を使用すると、磨けていないのに磨けた気になってしまいがちです。まずはつけずに磨く事をおすすめします。もし使うのであれば一日に12回フッ化物配合のものを使用するとむし歯予防に役立ちます。保護者が磨いてあげる仕上げ磨きの時は使いません。

Q 4

夜、寝る前はなぜ歯磨きをした方が良いのですか?

A

睡眠中は唾液分泌が少なく、むし歯の原因菌が活発に活動してむし歯になるリスクが高いからです。

Q 5

いつ頃から歯磨きすればよいですか? うがいだけではだめですか?

A

0歳児で歯が萌出したらうがいだけでなく磨いてあげましょう。

3歳頃までは習慣付けを主にし、むし歯になりにくい食べ物を与えて下さい。その間、徐々に磨き方も教えてあげると、だんだんきれいに上手になるでしょう。

Q 6

きちんと歯磨きをしていても体質や遺伝によってむし歯になると言うのは本当ですか?

A

生まれたばかりの赤ちゃんの口のなかにはむし歯の原因菌はいません。一般にスプーンの共有等から伝播されると考えられています。

ですから、むし歯そのものは遺伝的病気ではありませんが、むし歯に対する抵抗力は歯の組成や唾液の性質によって個人に差があります。

また食習慣や好みなども親から子に伝わりやすいものです。

甘いもの好きだったり、間食が多い生活習慣家庭はむし歯になりやすいかもしれません。

Q 7

寝て磨かせてくれません。座っていても平気ですか?

A

仕上げ磨きの姿勢で最もおすすめなのは「寝かせ磨き」ですが、寝る事を嫌がる子供には初めは楽しく歯磨きができる環境をつくり、まずは歯ブラシを口に入れる事に慣れてもらってから、少しずつ磨く姿勢を工夫していきましょう。

Q 8

歯ブラシすると出血するが大丈夫ですか?

A

圧力が強く歯肉に傷を付けている場合でなければ大丈夫です。汚れがたまって歯肉が腫れて出血しているのであれば、よく磨いてあげましょう。原則的には出血させない、痛くない程度の力で時間をかけて磨いてください。痛い思いをさせては逆効果です。

東京都東村山市歯科医師会